ホーム >社会

--年--月--日 --:-- カテゴリ:スポンサー広告 コメント:-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【コメントを読む】

2013年07月29日 06:52 カテゴリ:社会 コメント:20

「お前らは厨二病を患ったことがある?」海外アニメオタクの反応



Did you ever go through a period of 8th grade syndrome /a/?
Anonymous

お前らは厨二病を患った?



Anonymous

自分が魔術師だと言ってた男なら知っている。
彼の従兄弟の魔女に修行させられたんだって。
集中したら火花を起こせるって言ってたよ。
当時起こったハリケーンや嵐は全て彼によるものだとも言ってた。

あと高校の頃に俺の友達とデートしてた女の子が彼女の心のなかで犬夜叉の世界観を築きあげてた。
なんでも4つの魂を持っていたらしく、爪を尖らせたいとも言ってた。


Anonymous

あぁ、俺は不死身の肉体に閉じ込められた2000年生きたヴァンパイア、闇のエターナルナイトだったよ。
偽物の剣を買ってその後すぐに学校に持って行って取り上げられた。
数学の教師を古の悪魔の呪いから解き放とうとしたせいでね。
懐かしい…


Anonymous

俺がやった一番厨二なことはサスケみたいな髪型にしようとしたことだな。
当時はあれが格好いいと思ったんだ。
あとデスノートにハマってLの真似をしてた。
自分が天才だとか周りに話してたわけじゃなくて、単にたくさん勉強して賢くなろうとしただけだけどね。
最近は心で念じれば人を殺せる力を持ってると妄想してるな。
世界が知る必要のあることではないがな。


Anonymous

高校1年か2年の頃にナルトの上忍?みたいな格好をしている背の高いネイティブの子がいたわ。
ベストを着てプラスチック製のくないを持ち運び、ヘッドバンドを身につけ、あと巻物とかそんなものもリュックに入れてた。
体育の授業の時はジッとすることが全くできなかったみたいで、格闘ゲームのキャラみたいに常にピョンピョンと跳ねてた。
あとシカマルの真似もしていたな。

なるとは好きだったけど話しかけることは全くなかった。


Anonymous

なるとの走り方を真似したことがある…一回だけ。


Anonymous

小6か中1のころにそんな時期があったかも。
中二の頃にはもうクラスメートのみんながパーティーやら飲みに遊びに行ってる姿を見せつけられ、如何に自分がそれと離れた位置にある存在なのかということにひたすら絶望してた。


Anonymous

今でもいつもスタンドが宿ってないか確認しています。


Anonymous

俺は単なる普通の少年だったよ。
友達はいたし成績もいつもよかった。
しかし、それは自分が別次元に住むエルフの王子であることを隠すための単なる見せかけだったのだ。
国が戦争状態に有り、地球へとやってきたというわけだ。

そして俺のクラスには自分が犬夜叉の女体化バージョンだと思い込んでいる女の子がいた。
俺は彼女を自分の妃にすることに決めた。
一緒にコスチュームや地図を作り、将来どうやって俺の王国を救うか計画を立てていた…。
恥ずかしい…中1か中2のころだった。

Anonymous

↑で、故郷には帰れたの?

Anonymous

↑王国は救えたのか?
気になるところで話を止めるなよ。


Anonymous

俺がその年頃の時には地球上の全てが俺だけのために存在していると信じていたな。
例えば俺がある人と接触するのをやめれば、その人はもう次出会うまで存在がなくなってしまうとか信じていた。
テレビのニュースも俺の心の平安のために存在しているものとも。
いずれは全ての裏に隠された巨大な計画が明らかにされるものだと思っていた(今もそれが起きるのは待っているが)


Anonymous

残念ながら患った。
今思い返しても辛い。
昔の自分がやらかしたいろんなことで昔の自分が嫌いになる。

ネットの議論の際にはいつも自分がデスノートのライトなんだと妄想していたのを覚えてるよ。


Anonymous

自分の精神を鍛えて火をつけるみたいな超能力的なことをしようとしていた。
あれは中3の時だったな。
結構すぐに止めはしたけど、今でも超能力が使えたらとは望んでいる。
そんな厨二でもないけどね。

Anonymous

↑俺も自分の内なる力を鍛えて螺旋丸やかめはめ波をしようと頑張ってたわ。

Anonymous

↑俺は今でもかめはめ波を身につけて戦闘力を上げようとしているよ。


【コメントを読む】








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。